前へ
次へ

着物買取専門業者を利用する前に知っておきたいこと

不要な着物を売却するときは、あらかじめポイントを押さえておくことで高く買い取ってもらえます。
まず、最大のポイントは、着物買取専門業者に査定を依頼することです。
作家物や人間国宝の着物は価値があって、本来は高価買取が実現しますが、その価値を見抜けなければ適正な査定を提示してもらえません。
そのため、正しい着物の知識と豊富な買取実績を持っている鑑定士が駐在している着物買取専門業者を利用するのが基本です。
また、査定を依頼するときもいくつか頭に入れておきたいポイントがあります。
まず、売却したい着物は、査定を依頼する前にできるだけきれいな状態にしておくということです。
どんなに高価で希少価値のある着物だったとしても、シミやカビが多い場合は、高く買い取ってもらえません。
査定を依頼する前に汚れがないかを確認する他、カビがないかという点も丁寧に確認しておきましょう。
また、着物にたたみジワがある場合も高価査定が実現しづらいと言われています。
不要な着物でも、将来的に売却を検討している場合は、丁寧にたたんでカビを防ぐ意味でも桐のタンスに保管しておきましょう。
そしてもう一つ知っておきたいのは、査定を依頼するときは、着物だけではなく付属品も一緒に査定に出すということです。
たとえば、証紙は着物買取の査定を依頼するにあたって非常に大切なものだと言われています。
証紙には素材や染め方の他、様々な着物の情報が記されています。
そのため、証紙は伝統工芸品の証となり、着物と一緒に証紙を査定してもらえば、査定価格に大きな差が出やすいです。
着物買取専門業者に査定を依頼するときは、着物だけではなく、忘れずに証紙を提出するようにしましょう。
ちなみに、着物買取を行う専門業者は、出張買取を無料で行っているのが一般的です。
出張料や査定料、手数料、キャンセル料といった費用を一切かけることなく査定してもらえますので、手元にある着物がどれくらいの価格で買い取ってもらえるのか知りたいときにも利用できます。
出張査定は電話で申し込める他、ホームページに用意されている専用フォームからも受け付けている業者が多いです。
もちろん、都合のよい日時に着物買取専門の鑑定士が自宅に来て査定してくれるため、誰でも気軽に利用できます。

Page Top